2017年2月22日水曜日

サンチャゴ巡礼(カミーノ) 1

2017年02月22日(水) 生まれて初めてのファースト・クラス


久しぶりの投稿です。
マニラに住み始めてから投稿がおろそかになっています。仕事や環境に慣れないこともあり、海外になかなか行けない(まあ、住んでますけど)状況になっています。今回はマイルの大量期限切れに伴いヨーロッパ航空券に換えたところ、冬で行くところもないため安上がりな巡礼をすることにしました。公式距離118キロの巡礼行です。
今回の行程の概要は以下の通りです。
 羽田→シャルル・ド・ゴール空港→オルリー空港   (泊)
 オルリー空港→ポルト空港→バレンサ(ポルトガル) (巡礼開始)
 バレンサ→・・・(徒歩)・・・・→サンチャゴ・デ・コンポスデーラ(巡礼地)
 サンチャゴ・デ・コンポスデーラ空港→ヒースロー空港→羽田


【2月19日(日) プロローグ】
巡礼のための3点セットを買いに秋葉原・ニッピンへ。ここはかれこれ40年?近く通っている山用品の専門店です(写真忘れた)。相変わらずのボロくて汚いビル。周りが綺麗になったので余計に目立ちます。速攻でシュラフ、ヘッドライト、トレッキング用ストックを購入。しかし、秋葉原が変わったのは何時からなのだろう?

朝からゲーム?に熱中する人々

【いざ、パリへ】
なんと、生まれて初めてのファースト・クラスです。
ファーストは8席ありますが、本日は3人のみのようです。CAが頻繁にご機嫌伺いにきてお大尽気分です。さすがに座席はすごいですが、料理がおもったほどでなかったのが残念です。



 【シャルル・ド・ゴール空港からオルリー空港へ】
  シャルル・ド・ゴール空港は以前来た事はあったのですが、すっかり忘れていました。空港バスでオルリー空港へ。でも、21ユーロは高くないですか?また、現金では換えず、カード支払いなのはさすがフランスです、あっぱれ。カードのない人はどうするんだろう。。。

バスの切符がでかすぎ



2014年11月13日木曜日

初めての中東、ぼられまくり旅⑭


2014年11月13日(木) ワディームーサ(ぺトラ)

 今日もペトラ遺跡に突撃です。(2日券なのだ)

 昨日はメインルートを探索したので、今日は別ルートを行きたいと思います。
朝早いのでまだだれもいません。ちょっと不気味。。。
誰もいないことをいいことに、スークから宝物殿が見えてくるの動画をとってみました。

スークの入り口に人影はない

水路跡

追いはぎがいませんように。。。
video

 ※その2が容量オーバーで貼れません。。。 これが肝なのに。

video

 裏街道の道は荒涼とした荒地へと続きます。途中でどれが道か分からなくなり、何度か道に迷いました。看板が結構少なく、また正確性に欠けます(迷子がでそうなんですけど)。
 遺跡に興味のない者にとっては修行みたいなものかもしれません。





video

 よくわからないのですが、遺跡群のいくつかの写真を載せておきます。
なぜか子供が後をくっついてきて。。。何かほしかったのかなあ?





 さて、昼食です。
宿にランチボックスを頼んだのですが、失敗です、コスパ悪し。朝、サンドイッチ屋で買ってきたほうが断然おいしいと思います。中東ではサンドイッチ、コレが定番だと思います。

疲れたのでとっとと帰りました。

これが昼食だ・・・(きゅうり生1本! カッパか?)

ちゃんと橋もあります

通過不能の歩道(ではないのか?)
 

2014年11月12日水曜日

初めての中東、ぼられまくり旅⑬-2

2014年11月12日(水) ワディムーサ(ペトラ) つづき

 
 いよいよスークの入り口です。両側が高い壁になってたいへんなことになっています。





 スークは延々と続きます。途中、道が砂地になったりして歩きにくかったりします。結構人がいるはずなのですが前が見えないためよくわかりません。



※スークを抜けて宝物殿が見えてくる動画は大きくて貼れません。
あとでどうにかしたいと思います。


 20分くらい歩いたでしょうか。急に視界が開けて正面に宝物殿が現れます。んー、まさにインディ・ジョーンズの世界ですね。その大きさにも驚かされますが、岩をくりぬいた、そのピンクの宮殿は確かにすごいです。宮殿の前は人がいっぱい。観光ラクダも全開です。




広場からスークの入り口を望む
とりあえず、そのまま奥へずんずん進みます。すると周りが開けたところに出てあちこちにいろいろな遺跡があります。まあ、あまり興味がないので、というか暑いのでゆっくりしていられません。とりあえず行けるところまで行くつもりです。





 なおも歩くとギリシャ風の円柱遺跡などがでてきます。なるほどなるほど。





 さらに進んで博物館(つまらない)を過ぎると、急に山道になります。これがつらい。。。結構急な坂道が延々と続きます。もう若くはないのでたいへんです。足がガクガクしてきます。

(私には)つまらなかった博物館入り口




やっとの思いで平らなところまで到着。ここは何かといえば、宝物殿よりもっと大きな遺跡があるのでした。色がいまいちなので人気はないのかと。




 疲れたのでとっとと帰りました。。。
駱駝に乗らないかとしつこい(どこかと同じです)。今から考えたらMARSとか怖いですね。。。



宿からはきれいな夕焼けが見れました。さすが空気はきれいですね。今日は近所のサンドイッチ屋で夕食です。これが結構ボリュームがあります。






初めての中東、ぼられまくり旅⑬-1

2014年11月12日(水) マアーン→ワディムーサ(ペトラ)

 昨日は大変でした。。。今日は朝一番のバスでワディムーサへ行きます。

バスは7:00AMだ!、という安宿のおやじの言葉を信じて6:30過ぎに宿を出ました。途中、ラクダ牧場に寄ってラクダにご挨拶。10分足らずでバスターミナルへ。大型バスが1台います。でもこれはアンマン行のバスでした。さすが首都行きのバスは違います、ミニバスではありません。まあ、ゆっくり待つしかありません。

朝から元気だ

アンマン行大型バス

ミニバス

 7時過ぎにミニバスが来ました。”ワディ-ムーサ”行きか?と思いきや、アカバ行きです。来たところへ戻るわけにはいきません。待てど暮せど”ワディ-ムーサ”行きが来ません。訳の判らない場所行のバスは来るのですが、目的のバスが来ません。諦めてお茶屋に茶を買いに。。。それでも来ません。結局バスが来たのは8時半くらい。それも、始発ではなく客を拾うだけで1分も止まっていませんでした。危ない危ない、写真も撮れませんでした。
 途中、町中の辻々ででどんどん人を拾っていき席が満杯です。でも、郊外の大学?らしきところで若者が数名降りてやや余裕ができました。大学を過ぎるとなーんも無い荒野を爆走です。

ミニバスの爆走1

ミニバスの爆走2

途中の風景

   走ること約40分、ワディームーサに到着です。
着いた場所がどこだか全く判りません。 適当に当たりを付けて本日の宿、バレンタインを目指します(名前がちょっと怪しい)。まだ9時ちょっと過ぎなんですけど、入れてくれるか心配。
 宿はなんとなくすぐに見つかりました。空いているらしくすぐに部屋に入れてラッキーです(ドミでなく個室だから?高いけど)。荷物を置いてすぐにペトラ遺跡にレッツ・ゴーです。

ここが中心のロータリー

バレンタイン めっけ!

部屋からの風景、らしさが漂います

高いですが個室です(タオル付き!)

 宿の送迎無料バスは行ってしまったのでペトラ遺跡まで歩いていきます。
遺跡まではずうっと下りなので楽勝、入口が見えてきました。が、入場料はぼったくり価格です(1日券で8千円強)。こんなド田舎であり得ない価格です。ちなみに、イスラエルからの1Day観光の場合は1万4千円くらいするらしい。超強気です。迷いましたが2日券を購入(約9千円)、ペトラをしゃぶり尽くすつもりです。

入口

入口2

中の広場、噴水が・・・

 いよいよ入場です。まずはチケットチェック、その後ちんたら道を行きます。ここでロバだの馬だの乗れ乗れ物凄くうるさく、しつこいです。

チケットのチェックポイント

遺跡へ続く道(客引きがうるさい)

遺跡へ続く道2

遺跡へ続く道3

 いよいよスークです。

(続く)